新しい風に乗って

駅を訪問したり保存車を訪問したりする方のブログです。

ミリ9thの記憶を留め書きする回

ご縁がありまして、先日1/14と1/15にアイドルマスターミリオンライブの9th公演「ChoruSp@rkle!!」に参加させていただきました。武道館ですよ、武道館。

 

で、7thと8thの感想をday1で力尽きでしまったので、今回はその反省を生かして両日この記事で書きます。えらいでしょ。

 

・7th(day1のみ現地 結局day2を書かなかった)

setoutivrm.hatenablog.com

 

・8th(両日現地 しかしday1しか書かなかった)

setoutivrm.hatenablog.com

 

  • X.オタク基本情報
  • 0.現地に至るまで
    • ミリオンライブと武道館、そしてぼく
  • 1.day1
    • 開演前
    • Overture・夢にかけるRainbow
    • 稲妻スピリット
    • Walking on the Square
    • 創造は始まりの風を連れて
    • シャル・ウィー・ダンス?→絵羽模様→折紙物語
    • リーチ・アップ・ステップ→キミが真ん中にいた スポットライト・ミラーランド→恋のWa・Wo・N
    • ダイヤモンド・クラリティ
    • きまぐれユモレスク
    • 咲くは浮世の君花火
    • Thank You!!
  • day1終わり→翌日
  • 2.day2
  • 隣の客はよく暴れる客だ
  • 3.day3
  • 4.最後に

今回生意気にも目次を仕立てました。

X.オタク基本情報

ミリオン専門:ほかのシリーズは浅学(名前と顔が一致する程度

初回現地:ミリ6thSSAday1

前回現地:ミリ8th武蔵野の森day2

担当:宮尾美也周防桃子、徳川まつり

すき:伴田ロコ

持病:記憶を飛ばす

太字はday1、斜字はday2出演です。ぼくが死にます。

続きを読む

C101新刊:BOOTHでの頒布のお知らせ

これの続きみたいなもんです。そして、新刊のお知らせでもあります。

先日ご案内した通り、コミックマーケットC101にサークルとして参加してきました。その当日の様子をば。

setoutivrm.hatenablog.com

 

新刊全駅奉行50部、廃駅奉行30部持って行って、正直両方とも半分ぐらい捌けたらいい方かな~とも思っていましたが、結果としては前者は18部、後者は20部捌けました。正直なところ、廃駅奉行(コピ本)の方が売れ行きがいいとは予想外。

また、フォロワー各位にも来ていただきました。ありがとうございます。

 

 

さて、手元に残った新刊ですが、BOOTHにてご用意がございます。

nb-asakaze.booth.pm

 

送料は別となりますが、頒布価格と同じ全駅奉行700円、廃駅奉行100円にて頒布となります。あんしんBOOTHパックを使っているので発送者、受取者ともに住所氏名がバレることはありません、匿名発送ってあるんですね、最近すごいわ。

 

 

C101新刊のお知らせ

私の主催するサークル「新風朝風」にてコミックマーケットC101に参加する運びとなりました。

12/31(土)東ホール R15aのスペースにいます。

 

頒布物のご案内です。

新刊として、吾妻線の駅を降りまくった「全駅奉行 #1」と、ピーチライナーの廃駅を訪問したおまけ「廃駅奉行 増1」を頒布します。中身はここのブログで書いてることを路線単位でやってるような感じです。

 

委託として、FIRST*AM様より「ゆかりさんと行く人民鉄路」を頒布します。

 

どうぞ、よろしく。

名古屋鉄道_空港線:りんくう常滑駅

海上空港一つ手前のりんくう駅、これで絞り込めないなんてね。

中部国際空港セントレアの一つ手前のりんくう常滑駅です。ここを出ると列車は伊勢湾の美しい光景を眺めながら海上部を1つの端で颯爽と走ってまいります。

 

駅ホームの時点で十分高い位置に高架線がありますが、空港側はさらに高いところを走ります。別に航路に配慮する必要は無さそうな気がするんですが、なんでですかね?

続きを読む

JR西日本_伯備線:方谷駅

埋立地や未開墾の土地で元の地名が無かったり、あるいは第三セクター路線が景気づけに地元の偉人の名前を駅名に冠することはそれなりにあるけれども、ここも人名由来なんですって、ねえ

今、最後の国鉄色として振り子を効かせながら特急がブイブイ走り回って壊れたり機関車に救済してもらっている伯備線、けれども特急の無視する駅です。普通列車の本数も少なかったので平行する国道の備北バスで隣の備中川面から訪問。対岸の国道から橋を渡って駅前まで乗り入れてくれる良心的なバスでした。

 

その由来となった人は山田方谷さん、上の写真左隅の物置みたいなドアが実は資料室で、開放されている日であればここから駅舎の内側に入ることができます。

続きを読む

奈良県:近鉄東信貴ケーブル線コ9号

ケーブルカーの保存車です。東信貴ケーブル。

急こう配の斜面を登るという性質上、ケーブルカーの車体は基本的にナナメで、車内にも階段がついているもの、とすると平地では置くのに難儀するモノで、この車両の置かれている場所も斜面を造成して、その上にレールを設置したうえで保存しています。

ちなみに、訪問時点では露天でしたが、今は屋根もついているようです。

横から。車体にあわせて土地を用意しているのが丸わかりですね。

とすると気になるのが固定方法、床下をのぞき込んでみました。

ケーブルカーの車輪は片方がフランジなしというのは有名な話で、写真左の車輪がそのフランジ無しの車輪です。もう片方はフランジありですが、こっちのほうでしっかりレールに固着しているように見えます。さすがに斜面を上り下りするのに特化した車両ということもあって、保存時の固定も万全です。たぶん滑落なんてしないでしょう。

このケーブルカー、東信貴ケーブルと命運を共にした存在でもあります、そのケーブル線はこの信貴山下駅から出ていました。写真の先をずっと信貴山まで登っていました。最初にぼくがこの信貴山下駅で降りた時はまだこの場所には車両はおらず、近隣の学校敷地内に保存されていたそうです。

生涯を尽くした路線の傍で眠るというのは、なかなかに美しさを感じます。

 

【アクセス】

近鉄生駒線 信貴山下駅

JR東日本_奥羽本線:大張野駅

虫が苦手な僕にとって、真夏に田舎の駅を訪れるというのはなかなかメンタルに響くものがある。かといって、春や秋にはまとまった連休は無いし、ゴールデンウィークは18切符がない、冬は雪で駅間を歩く都合が悪いとなると、結局盆休みに行かざるを得ないのである。この親不孝め。

新潟から船で一晩を明かして秋田港、歩いて土崎から秋田駅。ここからようやく始まった奥羽本線の駅めぐりは、寝起きのぼくに虫の洗礼を浴びせてきた。

この駅はホームは1面だけ、向かい側の線路は我関せずとばかりに通過していく特殊な構造。奥羽本線の単線と秋田新幹線の単線とが並走してるわけですな、この区間を乗ったことは無くても運転したことのある人は意外と多いはず、きっと認知度は高いんでしょう。向こうは新幹線ばっかりだから主要じゃない駅なんて止める必要がないってことでしょう(一応稀に普通列車も走るらしい)

続きを読む