新しい風に乗って

過去の思い出を書くためのもの。VRM成分はありませんよ。

地平線

突然ですが、貴方は海派ですか?それとも山派ですか?

 

僕は海派です。というのも、海と山だと、海の方が身近な気がするからですね。

広島のデルタ地区に住んでいると、確かに山は遠目に見えるんですが、山登りをするとうよりかは、例えばかるが浜とか江田島とかで海水浴したり、あるいは漁港とかで釣りとかに連れてってもらったりと山よりは身近な存在でした。そして、市内を流れる6本の川も、潮の満ち引きの関係上実質的に汽水だったり、あるいは霧の日には遠いところから船の汽笛が聞こえてきたりと、なにかと海の方が近い生活でした。

それに引き換え、山だと登山とかは基本的に車ですし、徒歩で上ったとなると比治山ぐらいしか思い浮かびません。いや、本当に。小学校の遠足で比治山6回上ったなーぐらいの感覚です。

それでも、広島に一番先に雪を教えてくれるのは山でした。市内から見ると3方向に山が存在します。その中でも北東方面の山は山陰山地に近いこともあり、一番雪を被る可能性が高かったのです。なので、たまーに見てて雪が積もってるのを見ると、「おー」って思ったりしました。

しかし恥ずかしながら、広島にいるときには地平線を見ることはほとんど無かったのです。3方向を山に囲まれているのみならず、残った1方向は海…水平線は見ることができても地平線は見れなかったのですね。

 

 

そしてまあ、関東に来て無事に地平線を見ることになるのです。

しかし、関東に来て井の頭線に乗った時でしょうか。どことなく違和感を感じたのです。井の頭線の下北沢の手前、池の上からちょうど駅に向けて上り坂があります。そこで海側に目を向けると、遠いところに三軒茶屋キャロットタワーっていうビルが見えるんですね。その他にもいくつかビルが遠景に見えて、そこまでずーっと住宅が続いているんですけど、その時に、なにか足りないなーと違和感を持ったのです。

もちろん、井の頭線だけではありませんでした。東横線の自由が丘あたりとか、京成の青砥あたりとかでも似たような違和感を感じました。

 

そしてそれは、遠景に山が無いことによるものだと気づきました。

 

周りに山があるという一種の圧迫感を、無意識のうちに当然だと思いこんでいて何もない関東平野の解放感に違和感を覚えてしまったのです。

逆にこれを普通だと思ってる人だと、広島の遠景に違和感を覚えるのかもしれません。

 

そう考えると、僕もある意味山派かもしれないですね。

降りつぶしのルールも定めました

乗りつぶしが佳境であることは昔述べたとおりである。それに加え、あやふやだった降りつぶしのルールを定めましたよという話。

今回定めたルールはこれ

①列車で来訪、あるいは列車で去ることが必要である

②駅舎あるいは駅施設を最低1枚は撮影する

駅名標あるいはそれに準ずるものを撮影する

④駅舎や駅施設からなるべく外に出ることが必要である

⑤既に下車した駅で、この条件を満たさないものはなるべく満たすように努力する必要がある

 

文字にするのは今が初めてなんですけど、大枠はこういうルール

①は、来るか去るか少なくともどっちかは列車に乗ろうという話で、車で来て車で去るのはダメだよという話

②は、何かしら駅の様子を記録することが必要だよという話。実は今まではしてなかった駅もある

③は、②と同じ。素材にもなるし、抑えておきたい。

④これは、駅の中だけに留まるのはだめだから、少なくとも駅前広場には出ようやという話。海芝浦とかのように無理な所は無理だけど。

⑤は、今までの駅で条件を満たさなかったら、無効にはならないけど、なるべく条件をそろえてねという話。今まで降りた駅で写真が全くなかったら下車はしたことになってるけど、駅名標と駅舎の画像撮ってねという話。この時は、別に車で来て車で去ってもいいし、車内から駅名標だけ撮って降りないのもOK。

 

この新ルールをこの1月13日、はじめて適用しまして、主に京王のフリーきっぷを買って降りてました。

久我山三鷹台→井の頭公園富士見ヶ丘→高井戸→→芦花公園千歳烏山→調布→狭間→山田→京王片倉→長沼→南平→平山城址公園高幡不動→百草園→中川原→聖蹟桜ヶ丘分倍河原→府中→武蔵野台→多磨霊園→西調布→飛田給→国領→布田(ここで力尽きる)

さっそく富士見ヶ丘駅名標をすっぽかしましたが、京王線の調布以西は既存の物を合わせて制覇です。

朝起きて女の子になってた時の処方箋

先日、”君の名は。”が地上波で放送されましたね。少しだけですが実家で見ました。実を言うと原作をちらりと見たことがあるので、タネは大枠は知っていたのです。

ですが、入れ替わりTSFという僕の嗜好にピンポイントですので、特に胸を揉むところとか、鏡の前でパン一になるところとか、胸を揉むところがTSFの王道を攻めてる感じで非常によかったです。(語彙力不足)

 

さて、このまま自分の嗜好を垂らし述べても意義が無いので、多数の文献を調査した結果の、朝起きて異性になってた時の対処法をまとめてみようとおもいます。

続きを読む

リニア

今回は、今悪い意味で話題のリニアについて話してみようと思います。

 

概説すると、リニアはとりあえず品川~名古屋での開業を目指していますが、中間駅は出札窓口がなく、駅で切符を買うことができないという計画になっています。理由は定員管理を厳密に行い、全席指定席とするため、とのこと。おそらく1時間に1本程度と見込まれるため、まあこれでいいと判断したんでしょう。品川と名古屋の駅はさすがに多くの人が利用して、かつ列車本数も多いことからトラブル対応を含めて出札扱いも行われるとは思われます。直行便ばっかりになるんじゃないかな…

 

 

で、ここで問題になってくるのは他の鉄道線との乗換の話。

全席指定席で定員管理を厳密に行う(定員以上の乗車が許されていない)乗り物としては、高速バスと飛行機があります。これらの乗り物は基本的に1乗車ごとに運賃がかかります。一部乗り継ぎ割引が存在するものもありますが、それは2乗車の運賃から割り引いたものです。

一方、既存の鉄道の多くは距離制の運賃になっています。A駅-B駅-C駅と存在する場合、A→Cと直行しても、A→B B→Cと2本の列車に乗っても、原則として運賃は同じわけです。

 

もちろん、リニアは当面は名古屋止まりです。需要の多くは東京←→大阪でしょうから、ここで乗り継ぎの扱いをどうするか考えないといけないわけです。JR東海は品川~名古屋でのぞみ料金+700円程度としていますが、もし完全にリニアと新幹線の運賃体系が別だと、東京~大阪は単純合算で割高になるはずです。

そして、中間駅での他の路線との乗り換えも考えなければなりません。長野県・岐阜県駅では自社の路線と接続する可能性が高いです。東京直行という営業を大々的に行うためには料金の割高さを減らさなければなりません。長野県駅付近からは4000円で東京直行のバスがたくさん出てますからね。

 

完全に出札窓口を廃止したい一方、在来・新幹線との乗換を考えなければいけない、ここで私はリニアがQRコード乗車券になるのではないかと思います。

 

まず乗車券、普通の磁気券ですが、どこかしらにQRコードが印字されるようになると思います。それ以外は普通の乗車券と同じですが、QRを乗車券・特急券の2回タッチするのは現実的ではないため、リニア区間は乗車券と指定券を包括して出す必要があると思います。例えば「都区内→岐阜(リニア12月27日12時00分発品川→名古屋)」のようになります。もちろん在来線・新幹線では磁気券として利用し、リニアではQR券として利用します。

 

次に駅側の施設。リニア向けの改札機はQRICカードのみの改札とします。これにより従来の磁気対応自動改札機で生じうる券詰まりや回収きっぷの取り出しなどが不要となります。先述のように特急券まで紐づけされているので、同じ切符を同じ区間で2度使うこともできません。EXサービスの利用者はそのままタッチ、乗車券の利用者はQR部分にかざすことで改札通過判定を行います。現在の新幹線と似た感じですね。もちろん利用明細も出てくると思います。

中間駅では切符売り場が存在しないということですが、現在の東京駅でも、EXサービスの受け取り機は切符売り場外に設置されているものがあり、これであれば設置することができると思います。全く切符を持ってない利用者でも、クレジットカードであればその受け取り機で購入し、自前のICカードに記録を書きこみ、あるいは磁気乗車券の印字を行います。現金収受を行わず、あるとしてもロール切れぐらいであろうから、専門ではない駅施設管理分の人材で回すことができると考えられます。

 

品川と名古屋の乗り換え改札ではどちらかの乗車券の場合磁気あるいはQRで通過判定しなければなりません。在来・新幹線の利用のためには磁気の入出場記録の書きこみが必要ですから、ここは磁気改札が導入されることとなります。ここで、磁気にも記録されているリニアの情報を読取り、端末に送るわけですね。これは東北新幹線で今やってることですね。中間駅での乗り換えは改札外でしょう。

 

 

ねむいんでここでおわります

長万部

かつて1度だけ、駅寝をしたことがある。普段はアウトドアと縁の無いような生活をしている私が、1度だけ。

2015年の8月末、急行はまなすに乗って私は渡道した。往路は自由席。当時のはまなすは自由席こそ混んでいた(特に外国人が多かった)ものの、B寝台や指定席はそこまで混んでいなかったような気がする。青森を23時台に出て、進行方向左の窓側、津軽線を進み新幹線の高架をくぐって青函トンネルへ。(今回から続きを読む機能を入れることにしました)

続きを読む

すきな下車動画をあげるだけの投稿

あ、これ便乗する流れ?

 

すきな下車動画を垂れ流します。

 

www.nicovideo.jp

 あーこれすき。心の綺麗な人には動画が見えます。何を隠そう、この動画を見せられて魅せられたんですよね。

 

www.nicovideo.jp

あーこれすき。この刻みがたまらないのです。氷の芭蕉さん。この刻みを真似したくてすきなのです。この刻みが。

www.nicovideo.jp

あーこれすき。7割ぐらいは歌えます。カラオケ動画作ってくれたら歌うよ

www.nicovideo.jp

あーこれすき。たまに参加してることにされる。画像を1枚提供しただけ。

www.nicovideo.jp

あーこれすき。宗谷本線行きたい。全駅行きたい。

www.nicovideo.jp

あーこれすき。この人国鉄ばっかり作ってて好き。

 

実際好きな動画はたくさんあってここで書きまくると多分1000動画ぐらいになってしまうので、ここで取り上げたのは一部です。

 

A340の悪夢

A340という言葉を知っているだろうか?

 

航空を少しかじったことのある人であればすぐに察するであろう。これはエアバス社製造の航空機である。少しネットの情報を参照すると、この飛行機は長距離用の大型ワイドボディ機であり、あのジャンボジェットB747やお化けジェットとも呼ばれるA380のように4発機である。B747A380が2階建てであることを考えるとこのA340がいかに大型であるかがわかるであろう。主にドイツのルフトハンザ航空が運用していたものである。

このA340には大きな特徴がある。それは、貨物室部分にトイレモジュールを設置できるということである。通常、航空機の客室下部には貨物室が備えられており、空港でコンテナがリフトアップされて機体に格納される姿を見たことのある人も多いであろう。その貨物室を一部潰し、代わりにトイレを配置することができる。これにより、本来トイレが存在するはずの客室空間を座席に充てることができ、多くの人を搭乗させることができる。

 

さて、このA340の特徴でもある地下トイレ。私にとっては悪夢のような出来事があった場所である。

 

10年ほど前、家族でイタリアに行った。この時は関西空港からドイツのフランクフルト空港で乗り換えてイタリアへと向かう計画であり、その時の関空~フランクフルトの機材がルフトハンザのA340であったのである。

往路は特に何も起きなかった。強いて言えば、10時間以上の長距離フライトで退屈であったことと、国際線のイメージであった座席ごとのモニターが無く、代わりに機内の大型モニターがあった点が不満であった。座席ごとのモニターなら好きな物が見れるがこれでは興ざめである。結局レミーの美味しいレストラン(だっけ?)を見たのはよかったものの、アイアンマンとか他の映画が始まると興味もなく退屈になってしまった。その点を配慮してなのか、機内配布の軍艦ゲームがあるのはよかったけども。

往路を乗り越え、無事イタリア観光を済ませ、最後のフライトのフランクフルト→関空。ここで事件が起きた。

 

フライトも中盤に差し掛かったころ、往路と同じくレミーの美味しいレストラン(2回目)を見終わった頃であろうか、私はトイレに行った。その地下トイレである。

実際設備は綺麗であった。ウォシュレットがついてたかどうかは記憶にはないが、そんなにトイレ特有の汚さとかは感じられず、デパートのトイレのように手入れが行き届いていた。

事を済ませ、階段降りて右側の手前のトイレ(やっぱり鮮明ですね)から出る。あとは階段を上がり自分の席に戻るだけであった。すると、階段の上の部分に白人の女性が一人立っていた。

この階段は人が2列になって並ぶことのできるものであった。私も、単純にその女性が降りてくるだろうと思い邪魔にならない場所から登ろうとした。その時であった

 

 

 

 

 

ビチビチビチビチィィィィッツ!!!!!

 

 

 

左頬に液体が触れたような感触がした。

 

 

 

見上げてみると、これから上る階段が黄色になっているし、さっきまで立っていた女性もしゃがんで口から黄色い何かを出している。

 

 

 

そう。あろうことかその女性は階段上でリバースしてしまい、そのモノが階段で跳ねて私の左頬にタッチしていたのだ。生まれて初めてだよ。人のゲロを浴びるのは。

 

 

もちろんさっきまで入っていたトイレに戻り、紙で必死に触れたところを拭く。もう無理、気持ち悪い。

 

 

しばらくして、十分拭けたかなと思ったので個室を出て、その黄色い階段を手すりに掴まりながら必死で回避し、自分の席に戻ったのであった。

 

これがA340の私の悪夢である。ルフトハンザのA340-600が羽田から退役すると聞いて書いた。もうA340乗らない