読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

5000兆円貰った男

「人間。お前の願いは何だ?」

きっかけは些細なものであった。ある男が骨董品として買った怪しげなランプを磨いたところ、突如煙が噴き出し、中から人間のような物、時代によっては物怪扱いされているであろう物が出てきた。それは自身を魔神と名乗った。

「お前の願いを一つ叶えてやる。何だ?」

男は再度聞かれた。とっさに思い浮かんだであろうネットスラングを答えた。

 

「5000兆円欲しい!」

 

「お安い御用」魔神とランプは煙に巻かれ消えてしまい、後に残ったのは今まで見たことも無いようなお札1枚だけであった。森鴎外のような肖像画がかかれており、字面を見てみると金五千兆円と書かれている。

 

「なんだ、結局子供だましだったか」

 

男は思った。

ややあって、ふと興味本位でこの札について調べることとした。子供だましにしては透かしや偽造防止シールなど精密にできており、その上、玩具でありがちな子供銀行券ではなく、きちんと日本銀行券と書かれている。どうしても玩具でないような気がしたのである。

ネットで情報を漁っていると、男のかつての人生で得た知見と異なり、日本の紙幣には5000兆円札が存在することが複数の情報源で確認された。男は驚き、その見本画像を確認した。持っているお札と寸分違わない画像がそこに掲示されていたのである。

男は、5000兆円欲しいという要求の為に、魔神が世界を少し改変してしまったのだなとこの時思った。同時に、自分が本当に5000兆円手に入れてしまったことに気づいてしまった。

さて、一声で大金持ちとなった男は早速町へ向かった。実際に5000兆円札が利用できるのかを試したかったのである。男はフランクな服装のまま、近くディーラーへと向かった。

入店したと同時に、店内全ての人物からの視線を浴びた。身分不相応であると奇異な目線であろう。それにもかかわらず、男は一人の販売員に声をかけた。

「全部くれ」

販売員は鼻であしらう。当然の対応である。男は財布からお札1枚を取り出し、再度言った。

「全部くれ、金はある」

店がどよめいた。先の販売員は関係者を呼ぶためかどこかへと向かい、店の裏では騒ぎになっていた。

 

 

ややあって、おそらく店舗で最も重職であろう人物が男の前に現れた

「全部くれ」

しかし、現実は残酷であった

「申し訳ございませんが…当方では全車購入されてもお釣りが用意できません。」

 

男は諦め、店を出た。

 

その後、数店舗巡るも、どこも同じような対応である。無理はない、個人で5000兆円の釣銭は用意できないのである。そこで男は、預金することとした。預金すれば、キャッシュカードで必要な額だけ引き落とせるからである。早速近くの支店へと向かった。

 

しかしここでも、男の要求は叶わなかった。

「申し訳ございませんが…」

なんと利子が用意できないと言う。

よくよく考えれば当然のことである。仮に0.01%の金利だとしても年に5000億円の利息である。銀行が事業者に金を貸し付けた利子だけでこれを埋め合わせることは到底不可能であった。

 

結果、この日は男は5000兆円の恩恵を何も受けず、それまで持っていた現金を消費することとなった。

 

翌日、男がネットを漁っていると、トレンドに5000兆円という文字が浮かんでいた。興味本位で見てみると、なんと昨日の男自身の行動がアップロードされていたのである。

なんと、昨日巡った店の店員が、物珍しさから呟いたのだろうか。それが拡散されていたのである。掲示板では男の住所指名が既に晒されていた。そのためか、男の自宅に嫌がらせされるようになった。幸いにもオートロックが備え付けられていたもの、郵便受けや駐車スペースなど、被害は共用部分のいたるところであった。当然、この修理にも5000兆円は使えず、予定外の出費で男の生活は2日にして困窮した。

 

 

 

数日後、近所の河川で身元不明の溺死体が発見された。司法解剖によると、死語2日ほどであり、警察は事件と事故の両面性から操作を行った。遺体発見現場の上流300mでは、男の物とみられる荷物と、遺書が発見された。DNA鑑定の結果、男の物と判定された。

 

遺書には「5000兆円欲しかった」との書き置きと共に、5000兆円札が置かれていた…

 

 

夜行バス

「…それでは狭い車中ですが、皆さまどうぞごゆっくりおくつろぎくださいませ…」

この文言を聞くたらプレリュードは終わりである。暫くの後、周囲は光の世界から闇の世界へと変貌を遂げる。そしてそれは同時に我々を闇の世界へと引き込む力を持つ。

しかし、ただ受動的に引き込まれてしまえば、それはただこの旅路はただの移動手段へと変化してしまうであろう。旅というのは、新しい発見をすることに他ならない。

ふと外の世界を見ようと思った。1枚の布で仕切られているだけだ。それを下から潜りこみ、布とガラスの間に挟まった。するとどうであろうか。

一定間隔で流れていく無個性的な高速道路の遥か彼方には、不均質で光輝く町である。煙突からは蒸気が悠々と主張をし、赤色灯が彩をつける。そんな景色に見とれていたところ、視界はナトリウム光に遮られ、ついには視界から追い出されてしまった。

 

どれぐらいたったであろうか。時計を見れば0時25分と書いてある。既に日付をまたいでいた。欝になるような曇天も今いずこ、天に仰ぐとどうであろうか。星空である。それは都会で見るそれよりも、強く、輝きあふれ、そして我々に何かを訴えているようにも見れた。

しかし、このまま起きているわけにはいかない。翌日、といっても既に本日だが、日中に寝てしまっては元も子もないのである。頭を元に戻し、闇の世界へ入門することとした。今日ここまでの記憶と記録。そして明日に得るであろう記録と記憶…………

 

 

 

 

 

 

 

 

どれぐらいたったであろうか。一番前の時計を見た。

 

0時34分

 

夜はまだ長い。

羽田への拘り

私は様々な拘りを持っています。その例として、羽田空港から離陸するときはモノレールに乗る、というものがあります。

なぜモノレールなのか、京急でもバスでもなく、モノレールなのか。

それは、モノレールは羽田の為に有り。といえるからです。

飛行機に乗るということは、特別な出来事である。それは機内だけではなく、空港の保安検査場から搭乗口のブリッジを渡り、席につき離陸で強烈なGを得る。着陸の際はその逆で搭乗口のブリッジを渡り終わった後、一方通行の保安扉を出るまで一式が特別な出来事である。

このような考えを私は持っています。そして、この特別な出来事を拡張させているのが、東京モノレールなのです。

東京モノレールは、京急と違い、羽田へのアクセスという使命を生まれながらにして持っている存在であります。浜松町で乗車する時点で、既にフライトは始まっているのです。

実際に乗車してみても、浜松町を出発した時点では現実世界ですが、天王洲アイルを過ぎて運河の上を飛んでいるときは、もうすでに非現実的空間へのアクセス路ともいえます。さらに、昭和島を過ぎて左にカーブすると、目の前に空港が見えます。この時点で私は空港に来たのだなあ、今から空を飛ぶのだなあと、これからの素敵なフライトが約束されるわけです。

 

要するに何が言いたいかというと、羽田のために作られ、フライトへの導入をしてくれるモノレールは、素晴らしいぞ。という話です。

 

ぶっちゃけ逆に羽田についたときは京急でもバスでもいいんですけど。京急はマイル溜まるし

f:id:setoutivrm:20120815132139j:plain

でも1000系はこのカラーリングよりは赤帯のほうがいいかなあ。

じゃあ夜行列車ってできるの?

1か月に1回ぐらいは、夜行列車待望論がどこからともなく湧いて、どこかへと消えていきます。

それが起こる要因として、バスが事故ったり、クルージングトレインを妬んだり、大物鉄道オタクが何かつぶやいたり、があげられます。

 

私自身、夜行の乗り物というのは列車に限らず、バスでも船でも飛行機でも好きです。朝を迎えて自分が昨夜から遠く離れたところに来たのだなあという感慨を得ることができて、昼行より好きなのです。

では、実際問題夜行列車ってできるんですかね?ブラックニッカでも飲みながら考えてみましょうか。

 

夜行列車を運営すると仮定してまず問題になるのは、料金でしょう。現在の制度では、例えば東京大阪を移動する場合、その移動というコストに8750円かかります。もうおわかりでしょう。負けです。在来線で4列で移動しようが8750円です。同じバスだと4列トイレ付きでも6000円もかからないです。負けです。何度も言います。負けです。

 

そう、乗車券があり、それを持っていれば(特急券とか他の券が必要になるものの)新幹線にも特急にも快速にも普通にも乗れるというこの制度が逆に乗車料金の部分の値下げができないという仇となっているのです。つまり、最低保証8750円。

これを何とかする方法としては、ツアーパッケージにするということがあげられます。つまり、運転開始当初のトワイライトエクスプレスのように、旅行代理店が列車全てを借り上げたツアーを設営し、そのツアーに参加するという形をとるわけです。新幹線出張パッケージでも往復の乗車券特急券の価格よりも設定価格が安い場合がありますよね?それと同じ理屈です。当然、乗り遅れたときの救済は無いです。

 

ツアーにした場合、別件としてこんな恩恵があります。

 

例えば、先のように乗車券制度で考えると、たとえ東京大阪で夜行列車を利用したとしても、現行の制度では乗車券を見ただけではその人が新幹線なのか在来線なのか判別できないわけです。新在判定の■■□□□□・・・・記号がかかれていても、です。つまり、夜行列車の収益が特急券など料金券頼りになるわけです。ツアー形式にすれば、数値上はツアー参加料金分すべてが夜行列車の収益判定に関わるわけです。

 

もう一つの恩恵として、柔軟な価格設定があります。夜行列車というのは、自由席が設定されていたか過去と異なり、定員以上の乗車はありえないわけです。つまり、人を乗せられる上限は決まっているわけで、仮に一人乗らなければ、翌日以降にその一人分の利益を回収することができないわけです。そこで、誰も乗せないよりは、薄利でもいいから人を乗せるほうがいいということになるわけです。要するに、販売数に応じた柔軟な価格設定ができるわけです。これは定員の厳格な飛行機や高速バスに近い感じです。

 

デメリットとしては、あくまでもツアーであり、通常の定期列車ではなく団体臨時という扱いになるため、みどりの窓口で買えなかったり、当日、直前に買えないということですね。ビジネスとか、乗り遅れマンには不向きでしょうか。

 

ここからはツアー方式で運営した場合を考えます。次に、車両についてです。

 

バスに対する鉄道のメリットとして、寝台が設置できることがありますが、正直に言うと寝台需要があるのかと思います。東京大阪で利用する場合、先のツアー方式だとビジネス利用を切り捨てます。そのため、掴む需要としては、とにかく安く行きたい人を想定します。バスと同様の装飾と仮定すると、4列トイレ無しとなりますが、さすがに大量輸送できる(その分だけ一人当たりの職員割り当てを減らせる)という鉄道の恩恵もあり、トイレ有りでもバスの4列トイレ無しと同等の価格は確保できるのではないでしょうか。大量輸送を行うとすれば2階建てが望ましいですが、初期投資を抑えるのであれば適当な余剰特急型を持ってくるのもやむを得ないかと思います。もちろん、騒音の多い動力車は割引するというプランも。

 

鉄道利用で劣るのは開放休憩が難しいことです。24時間ひっきりなしに車の出入りするSAとは異なり、深夜の駅構内は何もありません。一方で、車両内にサービスコーナーを設けたとしても、それ相応のコストがかかります。開放休憩は切り捨ててしまわないといけないと思います。

 

運転手は、線見をしなければならない都合上今と同様のスタイルで途中駅ごとの交代にしなければなりません。乗客の民度にもよりますが、車掌は2人いるかどうかは悩ましい限りです。早々減光してしまえば大丈夫だと思うんですけどね。

 

他には、改札の問題があります。ツアーで私が列車に乗った時、乗車券はバウチャーでした。当然自動改札は使えず、有人窓口です。この夜行列車がツアーだとすると同じような人々が大挙して駅の有人改札に押し寄せてきて大変なことになります。対策としては、完全に独立した改札体型を作るか、全く新規に乗降所を作ることでしょう。改札の時間を短縮するために、車内にQRコードリーダーを設置してみてはと思います。コンビニとかも近くにあればいいですね

 

区間の例示

東京~大阪

・東京浜松町駅(貨物線ホーム)ー横浜羽沢(貨物線ホーム)====京都西大路駅 (京都貨物ターミナル)ー安治川口駅(貨物ホーム)

東京からUSJに向かう列車の例を示してみました。浜松町はそのうち羽田線関連でいろいろ動き出すでしょうが、大阪駅付近も北梅田駅ができてしまうので、その関係で止められなかったです

おくひだ1号

神岡鉄道復活イベントに行きました。

f:id:setoutivrm:20170408091948j:plain

まさか、10年近く前に消えたはずの路線で、再び車両が蘇るとは。

 

10年前は小学生です。どれだけ親にせがんでも神岡鉄道に乗ることはできなかったでしょう。

 

感慨深かったです。

おはようございます、インフルです。

おはようございます。インフルエンザにかかっております。

今回はこの顛末について少し説明したいと思います。

広島からゲッホゴホ1日かけゴホゴホて帰ってきた後、喉がゲッホゲホゲホゲホゲホ痛くなり、翌日ゴホ安静ゴホゴホにしていゲホゴホたのですが、ふとポカリを飲もうとしたらゴホ気づいたらポカリがゴホゴホオェェェェェェ倒れてました。怖いねぇ…

で診断でインフルでした。

あいるびーばっく!!

お久しぶりです。実は今朝まで北海道旅行をしていました。

f:id:setoutivrm:20170226140145j:plain

今日(執筆時点)で消える駅に行ったり

f:id:setoutivrm:20170226194551j:plain

こういう列車が運休中の所に行ったり

f:id:setoutivrm:20170301084922j:plain

雪に埋もれてしまった駅に行ったり

f:id:setoutivrm:20170301100148j:plain

小さい頃にたどった道を見たりしました。

f:id:setoutivrm:20170302080214j:plain

今年も雪ミク撮った。